つとむューニッキ

つとむューの日記です

[[今週のお題]]:牛肉じゃがvs豚肉じゃが

今週のお題は『肉』とのこと。
コロナの影響で自動調理家電を買ってから、肉じゃがを作る機会が増えた。
すると、カミさんは豚肉で肉じゃがを作り始める。
ちょ、ちょっと待った! 肉じゃがは牛肉じゃないのか!?


ということで、肉じゃがはもっぱらオレが作っている。材料購入も含めて。
でも高いんだよね、牛肉って。豚肉の倍近い値段だったりする。
だからたまに心が折れそうになるんだ。だってカミさんは豚肉でもOKなんだから。
今日も肉売場に立つオレの中では、財布の中身と西日本人のプライドが闘っている。


今週、お題競作の祭典、モノコン2021が終わってしまった。
去年はガッチリ参加できたけど、今年は駆け足参加だった。残念。
冷静に考えると「まいにち日めくり賞」が狙い目だったと気づく。今さらだけど。
というのも最大31作品も選ばれる可能性があるからだ。


投稿ページを見ると、作品数が957と表示されているが、実質は120作品くらい。
ということは受賞確率は最大約25%!? 4作品投稿すれば完全勝利だった!??
ちなみにオレの作品は『アトム以下!?』。人型アンドロイドの物語だ。
結果発表は11月。さあ次は、ボカロ企画武蔵野文学賞を頑張らなくちゃ!




はてなブログ 今週のお題「肉」
monogatary.com
monogatary.com

[[今週のお題]]:『大正ロマンス』

今週のお題は『好きなお茶』とのこと。
オレは、ミントと甘草をブレンドしたハーブティーが大好き。
昔、カルフールにそんなハーブティーがあって、当時はそればっか飲んでた。
カルフールが撤退してからは、安いハーブティーが見つからなくて困っている。


「昔」の物語と言えば、先日YOASOBIの新曲『大正浪漫』が公開された。
と同時に、NATSUMI氏の原作本も発売されている。
この時の小説募集のお題は、『東京、二人の波形』。
オレも作品を投稿してみたが、全然ダメだった。


――お題の「波形」を何で表現するか?
オレが考えたのは、足音の波形伊豆諸島の波ハモりの波形電波の周波数
大賞を獲った『大正ロマンス』も、あっと驚く形で「波形」を表現している。
お題競作は、お題の使われ方を比較することができてとても楽しい。


自作の中のお気に入りは、電波の周波数を扱った『東京タワーのままでいて』。
東京にあるモニュメントを題材にした、軽めの謎解きにチャレンジしてみた。
もちろん『大正ロマンス』も東京の要素が満載で、こちらの方が素晴らしい。
ところで、お題競作の祭典モノコン2021は来週で終わっちゃう! 頑張らなくちゃ!!




はてなブログ 今週のお題「好きなお茶」

www.youtube.com
monogatary.com
monogatary.com
monocon2021.com

[[今週のお題]]:そろそろ爆発しそう?

今週のお題は『爆発』とのこと。
爆発で思い出すのは、今年の冬に広まったあるアニメに関する噂。
――爆発シーンが解禁された!? 小学生名探偵が活躍する、あのテレビアニメで?
なんでも、ガス関連会社がスポンサーから降りていたことが噂の元らしい。


そういえば爆発シーンって、小説に書いたことないなぁ(オナラ爆裂ならあるけど)
リア充、爆発しろ!」という定型的な感想はもらったことがある。
イムリーな爆発なら、やっぱり緊急事態宣言延長と日本代表アウェイ試合かな。
遊びに行きたい気持ちとテレビで見たい気持ちが、本当に爆発しそう。


今週、ミチル企画冬企画のお題が発表された。
――森の中、清らかな流れの淵にたたずむ裸の人物と差し込む陽の光。
えっ、そんな内容の作品を書かなくちゃいけないのかって?
いやいや次回の企画は、そんなイラストがお題になるらしい。


――イラストがお題の小説競作。
現在開催中のモノコン2021ryo (supercell)×MECRE 賞」も、お題はイラストだ。
去年のモノコン2020で大賞をいただいた時も、お題は動画だったし・・・
次回のミチル企画ではどんな作品が集まるのか、とっても楽しみだ。




はてなブログ 今週のお題「爆発」
boutnovelers.stars.ne.jp
monocon2021.com

[[今週のお題]]:今週のお題をサボってみる?

今週のお題は『サボる』とのこと。
じゃあ、たまには今週のお題をサボって、別の話題について書いてみるか?
えっ? それってサボったことにはならないって? 関係ない話題なのに?
なになに? いつもやってるから? はい、そうです、ごめんなさい。


今週のお題をサボることを、『サボる』お題の時に書く。
これってサボることになるのか考えた時、中学生の時の数学の授業を思い出した。
――Aさんは言った。「私は嘘つきだ」。これはホントか嘘か証明せよ。
どちらも答えが出ない。それを教えてくれた数学の先生に、今でも感謝している。


ミチル企画の前身企画で『矛盾』のお題が出た時、上の命題をモチーフにしてみた。
作品名は『夏服のライア』。ヒロインは嘘をつくことを命じられたアンドロイド。
ていうか、久しぶりに読んでみたらめっちゃ恥ずかしい。正に黒歴史じゃないか。
当時の順位は十七位。まあ、平均点が十二点だったから、そんなものだろう。


そのミチル企画では、夏×火風水土企画の特別賞が今週初めに発表された。
オレの『夏にあらわる少女』は作品賞もキャラクター賞も受賞なし。
つまり、登場人物の魅力アップをサボったことがバレバレということ。
やっぱりキャラの魅力は小説の命。次回は再び特別賞を貰えるように頑張ろう!




はてなブログ 今週のお題「サボる」
boutnovelers.stars.ne.jp

[[今週のお題]]:やればやるほど強くなる?

今週のお題は『やり込んだゲーム』とのこと。
オレの場合はモンハンかな。ゲームのスタイルが自分に合っている。
モンスター倒す→素材入手→強い武器や防具を造る→さらに強いモンスターを倒せる。
いわゆる成長ゲーム。やればやるほど強くなれるのが病みつきになる。


創作活動もそういうところがあって、書けば書くほど上手く――なってるはず?
「?」が付いてしまうのは、確認する場があまりないからだ。
そのモヤモヤを解消するために、オレはミチル企画に参加している。
ライバルとの勝敗がはっきりするので、自分の立ち位置を確認することができる。


そのミチル企画は、夏×火風水土企画の結果が先週末に発表された。
オレは『夏にあらわる少女』という作品で参加し、二十一作品中、七位だった。
五人の少女が登場し、夏山で歌声を重ねるという群像劇っぽい青春物語だ。
以前のオレなら十七位くらいだったと思われ、そういう意味では成長してるのかも?


優勝したのは『日本昔話 クリオネ女房』という作品。
昔助けたクリオネが恩返しにやって来る、様々な昔話が盛り込まれた恋愛小説だ。
舞台となる夏の海の描写で、お題の『夏』と『水』を表現している。
オレの作品の二倍近くのポイントを獲得しているので、実は完敗だったりする。


やっぱり一度でいいから優勝してみたいなぁ・・・
ドラクエで例えれば、ラスボスを倒せないままでいるもどかしい感じ。
モンハンなら武器を磨いて防具を揃えれば、そのうちきっと勝てるはず。
さあ、次はモノコン。独創的なアイディアを捻り出す力をもっと磨かなくちゃ!




はてなブログ 今週のお題「やり込んだゲーム」
boutnovelers.stars.ne.jp
monocon2021.com