つとむューニッキ

つとむューの日記です

[[今週のお題]]: プロが選んだ最強のJ-POPベスト30

今週のお題は『雛祭り』とのこと。
雛祭りと言えば三月三日。この日、とあるテレビ番組が放映される。
――関ジャムJ-POP 20年史 プロが選んだ最強のJ-POPベスト30
オレが大好きな番組『関ジャム』が、特番としてゴールデンタイムに放送されるのだ。


これは、2000年から2020年までのベスト30曲を、48名の音楽のプロが選ぶというもの。
それぞれのプロがつけた順位から、総合ベスト30が算出される。
日曜日にその前哨戦が放送されたが、驚くべき事態が明らかになった。
どうやら、いきものがかりの曲が、ベスト30に一曲も入っていないようなのだ。


『ありがとう』を越える30曲とは一体、どんな曲なんだろう?
『糸』『ロビンソン』『残酷な天使のテーゼ』は2000年以前の曲だし・・・
世界に一つだけの花』『TSUNAMI』『ハナミズキ』は上位に来るような気もする。
『Lemon』『紅蓮華』『secret base ~君がくれたもの~』は入っているだろうか?


オレ的には『鳥の詩』『奇跡の海』『君の知らない物語』なんだけどな。
えっ? アニメの曲ばかりだって? 『紅蓮華』が入るならワンチャンあるかも?
そういえば来週から月末まで、某所お題短編マラソンが開催される。
今年は完走を目指したいが、体力が持つかどうかそれが心配だ・・・




はてなブログ 今週のお題「雛祭り」

【関ジャム 完全燃SHOW】2021年3月3日(水)よる6時45分から(※一部地域を除く)ゴールデン2時間SP!!【日替わりPR(3)】
kakuyomu.jp

[[今週のお題]]: 十月開催がいいなぁ、あの試合

今週のお題は『告白します』とのこと。
だから告白します。あのチケット、当たってるんです。東京の試合じゃないけど。
それで勝手に予想します。ワクチン接種が観戦の条件になるんじゃないかと。
そしたら以下のような混乱が起きるような気もする。


六月「ワクチンの順番、ぜんぜん回って来ないよ~」
七月「試合が始まったけど、ワクチンまだだから観に行けないよ~」
八月「あーあ、終わっちゃったよ。とうとう観に行けなかった、コンチクショー!」
十月「今なら涼しいし、ワクチンも間に合ったのに・・・」


だから十月開催がいいなぁ、あの試合。
十月ならワクチン接種も間に合うかもしれないし、気候も涼しくて観戦しやすいし。
誰も言い出さないのは何故だろう。巨大スポンサー絡みで八月開催なのは分かるけど。
ラグビーだって十月開催で大成功だったじゃん。偉い人は世界に向けて告白して欲しい。


某所夜遊びコンvol.3の参加者、小学生や中学生が多くてびっくりしている。
オレが投稿したのは『おはようのない国から来た女の子』という児童文学(自称)。
児童・生徒さん達にぜひ読んで欲しいのだが、レベルが合ってるのかちょっと不安。
えっ、面白くないって? 意外と大学生がドキッとする内容かもよ。




はてなブログ 今週のお題「告白します」
monogatary.com

[[今週のお題]]: 『ヒスイのおまじない』

今週のお題は『チョコレート』とのこと。
今週まで某所で作品を募集していた羊文学賞
締切日がバレンタインデー前日ということで、チョコが登場する作品を投稿してみた。
ヒスイのおまじない』――好きな男子におまじないを唱える女子高生の“純”な恋愛物語だ。


この羊文学賞は、オルタナ・ロックバンド“羊文学”とのコラボによるコンテスト。
募集の説明には、『羊文学の曲の世界観をだらしなく引きずった』とか、
『あなたにしか書けない“純文学”を募集』とか書かれている。
そして指定されている楽曲が、羊文学の『おまじない』なのだ。


いやいや、こんな作品オレには絶対書けないよ~
指定曲の『おまじない』のまったりとしたメロディを聴きながら、しみじみと思う。
それでは、他の方は一体どんな作品を書いているのだろう?
いくつか読んでみたが、曲のイメージを引きずった、まったり作品はあまりなかった。


ということで、オレらしい“純”な作品を書こうと、勝手に解釈してみる。
受賞とか多分無理だが、書いたり調べたりするのはなかなか楽しかった。
驚いたのは、北陸新幹線のおかげで糸魚川への日帰り旅行が容易になっていること。
この作品の二人みたいに、日本海を見ながらヒスイ探しをしてみたいなぁ・・・




はてなブログ 今週のお題「チョコレート」

羊文学「おまじない」official audio

monogatary.com

[[今週のお題]]: 実生活とネット創作のギャップ

今週のお題は『#この1年の変化』とのこと。
この一年は、新型コロナで世界がガラリと変わった一年だった。
東日本大震災の時、こんな大きな災難はもう死ぬまで起きないと思っていたのに・・・
まさか自分に!? という出来事は、何時でも何処でも起こるんだと思い知らされた。


海外旅行も行けなくなった。パリとかローマとか一度は行ってみたかったのに。
外食もしなくなった。この一年間にお店で何かを食べたのは十回に満たない。
料理を作るようになった。最近の調理家電の素晴しさに目覚めることに。
職場の忘年会や新年会が無くなった。これは大歓迎で、今後もぜひ続いて欲しい!


実生活がコロナの影響を受けた一方、ネット創作は以前と変わらないのがイイ。
家のパソコンで作業するだけだし、閉鎖したサイトもほとんどない。
一つだけあるとしたら、コロナのことを小説に書きにくい、ということかな。
コロナの世界を見てないから、上手く描写出来ないんだよ。テレビ頼りというのもね・・・


某所夜遊びコンvol.3『おはよう。』は、五千六百五作品に達したという。
羊文学賞も、純文学というものが全然わかってないけど投稿してみた。
ローズクォーツのおまじない』。オレには文才が無いことがよく分かった。
さらりと読めてバカバカしい作品を書くのが望み。それが分かったのが収穫かな。




はてなブログ 今週のお題特別編「#この1年の変化」

羊文学「おまじない」official audio

monogatary.com

[[今週のお題]]: ストップ! 鬼嫁覚醒

今週のお題は『鬼』とのこと。
少し前ネットで、会話中での「自分の奥様」の呼び方が話題になっていた。
なんでも「嫁」はダメで、「妻」が正しいのだとか。
それなら「鬼嫁」じゃなくて「鬼妻」が正しい? えっ、そもそも鬼を付けるのが間違い?


先日カミさんからの質問に答える時、「秘密」って言ったらめっちゃ怒られた。
「秘密」というエンドワードは、会話のキャッチボールを終わらせるから――と。
「そんな事言わないで教えて?」→「それはね」という流れを期待したオレを叱りたい。
コロナで話す人が減った世界だから、鬼嫁ワードには気を付けなくちゃ。


夜遊びコンvol.3『おはよう。』は、すでに五千作品を超えている。
オレは、児童文学で『おはようのない国から来た女の子』という作品を投稿した。
同じジャンルには、作者さんが小学生の作品が幾つもあって、すごいなぁと思う。
締切は来週の月曜日。作品も七千を超えて、サーバーがダウンしちゃうかも・・・


ショートムービー化される『あの日、キスをした理由』コンテストにも参加してみた。
絶体絶命の地下室からの生還を描いた『いのちのキッス』。
生還の方法がキスという、よくわからんラブコメだからお笑い枠を貰えないかな?
羊文学賞も、純文学というものが全然わかってないけど頑張ろう。




はてなブログ 今週のお題「鬼」
monogatary.com
monogatary.com