つとむューニッキ

つとむューの日記です

[[今週のお題]]:今年も熱中症

今週のお題は『夏を振り返る』とのこと。
痛恨だったのは、今夏も熱中症になってしまったこと。
出張とお世話になった方の不幸が重なって、疲れと水分不足でダウン。
体を冷やそうと冷たいものばかり飲んでいたら、今度は胃が悲鳴を上げてしまった。


もう嫌だ。こんな暑い夏なんて。
これはやっぱり温暖化の影響なのだろうか?
となると、来年以降はもっと暑くなるということ?
東京オリンピックで体調を崩す人が、できるだけ出ないことを祈っている。


GW明けからずっと忙しくて、創作活動に没頭できていない。
某所『太陽』と『恐怖』と『音楽』と『はじめての夏』企画作品へのお礼も書けないままだ。
その前の、新時代企画の個別返信も書かなくちゃ。
もうちょっと暇だったらいいのにな・・・


今夏は、久しぶりに生まれ故郷を訪問した。
祖父母が住んでた家が壊されていたり、オレが住んでた土地に違う家が建っていたり。
世の中、本当に無常なんだとしみじみと味わわせてもらった夏だった。
ぜひ、ミルコスまんが広場で取り上げて欲しい。




はてなブログ 今週のお題「夏を振り返る」
f:id:tsutomyu:20190912220608j:plain:w500

[[今週のお題]]:異世界ファンタジーを書いてみた

今週のお題は『わたしの自由研究』とのこと。
短編を書くとき、いつもは学園ものばかりを選んでいるオレだが、今夏は異世界ファンタジーに挑戦!
去夏は、ミステリーに初めて挑戦して大失敗したというのに、懲りないというかなんというか……
まあ、チャレンジしてみなきゃ結果は分からない。それがオレの自由研究だったりする。


結果は、うーんやっぱり失敗、という感じかな。残念だけど。
完成した作品は『太陽はジメテの夏』。
この作品で、某所『太陽』と『恐怖』と『音楽』と『はじめての夏』企画に参加してみた。
結果は二十六作品中、十八位。いただいたコメントはこんな感じだ。


・設定が独創的
・文章表現で、倒置法の多用がくどい
・砕けた感じのセリフが世界観を壊している
・最後になっても明らかにされない設定がある


今回の自由研究でちょっと分かったような気がするのは、異世界転生ものを多くの方が書きたがる理由。
現代人が異世界に転生すれば、読者とほぼ同じ目線で異世界を記述することができる。
しかし、もともと異世界に住んでいた人物が主人公だったらどうだろう?
どんなに変わった世界でも、それは普通のこと。だって、主人公が生まれた世界なんだから。


オリジナリティーのある世界観、とコメントをいただけたのは、とても嬉しかった。
が、その分、上記のように、世界についての描写の難易度がかなり上がってしまう。
「ヤバい」や「いいっす」という砕けた言葉だけで、幻想的な雰囲気は壊れてしまった。
ファンタジーってとっても難しい。でも奥が深い。もっと上達したいと願う夏だった。




はてなブログ 今週のお題「わたしの自由研究」

[[今週のお題]]:涼しい地下空間

今週のお題は『残暑を乗り切る』とのこと。
それならやっぱ、涼しい地下空間だよね~
とっても快適で、外に出たくなくなっちゃう。
そんな少し遅い夏休みを満喫していたところ・・・


某所『太陽』と『恐怖』と『音楽』と『はじめての夏』企画が終わってしまった。
不覚にも、結果発表の瞬間はすでに夢の中。だって昼間はたくさん運転して疲れてたので。
未明にむくりと起きたオレは、スマホで結果を見て「おおっ!」と小さく声を上げる。
というのも、今回はどの作品が優勝するのか全く予想ができなかったから。


栄冠を勝ち取ったのは、『マモノに出会う夏』という短編。
甲子園の魔物に向き合う主人公の胸熱ストーリーが、丁寧に描写されている。
準優勝は、下着と肌との間の世界に迷い込むという異世界コメディ。
三位は、クイズを通して四人の高校生が集い戦う青春群像劇だった。


えっ、オレの作品は、って?
二十六作品中、十八位(悔しくて残暑を乗り切れそう)。作品名は『太陽はジメテの夏』。
ジャンルはなんと、宇宙が膨張してないような異世界ファンタジー(なんのこっちゃ。笑)
設定にすっかり振り回された。でも、今回もめっちゃ楽しめた。運営の皆様に感謝感謝!




はてなブログ 今週のお題「残暑を乗り切る」
f:id:tsutomyu:20190829213857j:plain:w500
boutnovelers.stars.ne.jp
tsutomyu.asablo.jp

[[今週のお題]]:乗り物ヤバい

今週のお題は『わたしと乗り物』とのこと。
オレは乗り物にめっちゃ弱い。すぐ乗り物酔いしてしまう。
子供の頃、一時間耐えられるのは電車だけだった。
その電車も、一時間を越えるとヤバかったから本当に救いようがない。


そんなオレのために、両親が選んだ帰省方法は寝台列車
確かに眠っているうちは乗り物酔いはしない。
が、早く寝れば早く起きる。
A寝台の二階の小さな窓から、ずっと朝の景色を眺めている。それが帰省した朝の日課だった。


オレの長男もめっちゃ乗り物に弱い。
が、次男はまあまあ大丈夫。
これはとっても不思議。だって二人は一卵性双生児だから。
長男にあって次男にはない額の生え際の旋毛が、その秘密の鍵かもしれない。


某所『太陽』と『恐怖』『音楽』『はじめての夏』企画が今週末で終わる。
夏をテーマとする作品もいくつかあって、結構楽しむことができた。
それにしても皆さん、このテーマで本当に色々なことを考えるなぁ・・・
今回も刺激あふれる企画になりそうで、運営の皆さんには本当に感謝だ。




はてなブログ 今週のお題「わたしと乗り物」
boutnovelers.stars.ne.jp

[[今週のお題]]:やっぱ結婚?

今週のお題は『人生最大の危機』とのこと。
となるとやっぱり、結婚にまつわるエピソード・・・かな?
うちのカミさんは双子。しかも一卵性双生児。
そんでもって、結婚のタイミングも姉妹でほぼ同時だった。


――それなら一緒に結婚式を挙げたらいいじゃない?
なんか最近、朝のドラマでそんな幸せな展開があったような気がする。
でも、オレがカミさんの親戚から掛けられたのは、予想外の言葉だった。
「同時期なんて迷惑。式は一年ずらしてくれ」


てっきり手放しで祝福してもらえると思い込んでいたオレは、いきなり面食らう。
「結婚って、二人とその両親が了承してくれれば、上手くいくものと思ってた・・・」
自暴自棄になったオレは、結構無茶なことを色々とやった。
今思えば人生最大の危機。あの時死ななくてよかったと、今はしみじみ思う。


ついに、某所『太陽』と『恐怖』と『音楽』と『はじめての夏』企画が始まった。
参加数は二十六作品。超短編から原稿用紙百枚の作品まで様々だ。
お題は上の四つのうち、一つ以上を選べばいいのだが、意外と苦労している印象。
さて、人生最大の危機の『恐怖』が描かれているのは、一体どの作品だろう?




はてなブログ 今週のお題「人生最大の危機」
boutnovelers.stars.ne.jp